くまモンが不正飲食? 弁当代36万円は「不当」

11/09 18:09 更新

 くまモンが飲食などに使った経費の一部が「不当」だと指摘されました。  国の予算が適正に使われているかどうかなどを検査する会計検査院は、くまモンが2013年度の1年間にプロモーション活動をした際に使った36万2569円が「目的外に使用され、不当と認められる」と指摘しました。指摘を受けた約36万円は、プロモーション活動に参加したスタッフの飲料や弁当代、レストランでの食事の代金などの飲食に使われていましたが、本来は失業者や求職者の支援などに使われる国の緊急雇用創出基金でした。熊本県では「スタッフの健康や活力を維持する意味で、必要と判断して使用した。飲食費は速やかに返還したい」としています。