31歳男性の死亡ひき逃げ事件 55歳の男を逮捕 茨城

07/12 08:01 更新

 茨城県ひたちなか市で8日未明に31歳の男性が車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、警察は55歳の男を逮捕しました。  派遣会社社員の関根幸弘容疑者は午前2時半ごろ、ひたちなか市勝田本町の市道で軽ワゴン車を運転中に相馬清太郎さんをはねて死亡させたうえ、現場から逃走した疑いが持たれています。警察によりますと、軽ワゴン車の部品が現場に散乱していたことなどから車を特定し、関根容疑者の逮捕に至りました。関根容疑者は仕事から自宅に帰る途中だったということで、取り調べに対し、「人とは思わなかった」と容疑を否認しているということです。