収穫間近のトマト大量盗難 卑劣な犯行、高騰影響か

09/11 17:12 更新

 収穫直前に大量盗難。トマト畑は見るも無残な姿となった。  それは収穫直前の出来事だった。北海道仁木町のビニールハウス4棟で収穫前のミニトマト約500キロ、40万円相当がなくなっていることが分かった。赤く熟れたトマトはすべてもぎ取られ、残されたのは一面緑の畑だけ。8月末には別の農家で、最大で約2トン、230万円相当のトマトが盗まれる被害も出ている。大量盗難の背景にはトマトの価格高騰が影響しているとみられていて、余市署は連続窃盗事件の可能性もあるとみて調べを進めている。