大学の定員抑制に反対 小池知事 林文科大臣と会談

09/11 11:51 更新

 政府が大都市への人口の集中を是正しようと東京23区内の私立大学などの定員を抑える方針を決めたことを受けて、小池百合子都知事が林文部科学大臣に反対の意向を示し、立法措置などを行わないよう要望しました。  小池百合子都知事:「本質的なところが横にそれているのではないかということから、今回の立法措置も含めての流れには東京都として強く反対していきたい」  23区内の私立大学などを巡っては、政府が6月に定員の増加を認めない方針を決定し、文部科学省が今月下旬に大学設置に関する告示を改正する予定です。林大臣と会談した小池知事は「定員抑制は大学の国際競争力を低下させ、国益を損なうことになりかねない」と述べ、立法措置や告示の改正を行わないよう要望しました。小池知事は4日に梶山地方創生大臣にも反対の意向を伝えていて、全国の知事にも理解を求めていく方針です。