「遺体はいつか捨てようと…」 座間市9人遺体

11/08 11:52 更新

 神奈川県座間市で9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が遺体について、「いつか捨てようと思っていた」などと話していることが分かりました。  白石隆浩容疑者(27)の自宅アパートからは9人の遺体が見つかり、全員の殺害をほのめかしています。遺体はいずれもクーラーボックスの中から見つかっていて、その後の捜査関係者への取材で、白石容疑者が「いつか捨てようと思っていた。クーラーボックスはその都度、買っていた」などと話していることが新たに分かりました。また、被害者とみられる群馬県内に住む女子高校生(15)ら2人の携帯電話が神奈川県藤沢市の駅などのトイレで見つかっていたことが分かりました。白石容疑者は9人のほとんどを自殺を誘う内容のツイッターで誘い出していて、「別の事件で逮捕され、保釈された3月からツイッターを始めた」などと供述しています。事件では依然、男女8人の身元が分かっておらず、警視庁が身元の特定を急いでいます。