見直し進められた東京五輪の恒久施設 整備費増加

11/07 07:07 更新

 去年、見直しが進められた海の森水上競技場など2020年東京オリンピック・パラリンピックの3つの新規恒久施設で、見直し後の縮減案よりも整備費が最大で81億円、増加していることが分かりました。  2020年大会でカヌーの競技会場として新規に整備される海の森水上競技場など3つの恒久施設を巡っては、整備費が高すぎるとして小池都知事の指示で去年、別の場所での整備を含めて計画の見直しが進められました。3施設はその後、観客席を減らすなど、当初案よりも400億円余り整備費を減らして同じ場所で整備されることになりました。都は6日、3施設の現時点での整備費を1232億円と公表しました。これは、見直し後の縮減案よりも66億円から81億円増加したことになります。この増加分について都は、当初から予定していた太陽光発電などの環境対策やバリアフリー対策などをその後に計上したためとしています。